• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

ツクモ白蓮

~更新情報~ 2016,05,08 第十三章のp284を更新しました●
《あらすじ》高校二年の夏休み。小夜子はとある事情で、あるお店の二階に下宿することになる。その名も『心屋』。
不思議な主人との生活は時におかしく、時に切なく、時に愛しく……幸せだった。

《小説の無断転載・転用は禁止です》
なお、作者は「FC2小説」と「小説家になろう」以外で拙作を公開しておりません。
他のサイトで見つけた場合は間違いなく無断転載です。

《感想やレビュー、拙作について》
●たくさんのご感想やレビュー、ありがとうございます! 日々精進を胸に、これからもがんばります!
レビューやご感想に対するお返事は、感想欄にて行っております。

●挿絵をときどき挟んでおります。稚拙な出来ですが、温かく見守ってください。
●500ページほどで完結を目指します。
●ファンタジー小説です。が、魔法や妖精などは出てこないです。
(不思議なモノならガンガン出てきますが)
謎の多い心屋の主人が、それらを伴わない“不思議”を
表現してくれるはずですので……。

……それでは、心の準備はよろしいでしょうか?


――――「ようこそ、心屋へ」――――


*業務連絡*
読者様のご感想やレビュー、大歓迎です!
感想欄、とくに掲示板がネタバレしているので、展開を楽しみたいという方はどうぞ、拙作をご覧になってからいらっしゃってくださいませm(_ _)m
ちなみにネタバレ、雑談を含むご感想がおありでしたら、ホームの掲示板にてどうぞ!

*今日の一言*
5/8 両親の喧嘩を止めに入ったは良いのですが、明らかに私より犬の方が仲裁に入るのが上手かったです。