• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 16 / 78 ページ

【家〜街】セシル

『もういやだ!』

◆ ◆ ◆ ◆

「あなた、また昨夜は遅くまで出かけてたでしょ!?」

またうるさいママの小言が始まった。
最近はもうめんどくさいんで完全に無視。

「あたしが12時に帰って来た時に、あなたまだ帰ってなかったでしょ! どこで何をやってるか知らないけど自分が中学生だってこと忘れてないでしょうね!?」

『その中学生の娘を一人にして、夜中の12時まで遊んでた母親に言われたく無いね!』

って言いたかったけど、面倒だからスルー。

あたしは下唇かんでこらえた。

更新日:2012-09-28 23:57:58