• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 5 / 158 ページ

4本目:札神様 ー初ノ憚ー

 昔々、女が辺境の村へとやってきた。
 水瓶いっぱいの大判小判を抱えて、女は言った。

「ワタシは夫を殺して逃げてきた。金はやるから、かくまってくれやしないか」

 村人たちはその金に目がくらんで、女を村長の倉にかくまった。

 次の日、町から役人がやってきた。

「この村に女は来なかったか、もしもかくまっているのならばお前も含め、村人全てを殺す」

 村長は、恐ろしくなって女を引き渡した。

 抵抗した女は、その場で処刑されることになった。

「この裏切り者の村人どもが!お前らがワタシを怒らせた!」
 女は涙と笑みと、狂いが入り混じった顔で吼えた。

「いいか、この罪は伝染する…お前らみんな罪人だ!」
 女は首を斬られて死んだ。

 
 役人が去った後。村長は倉に戻ると女の水瓶を探した。そしていくら探しても出てこない。
 村長は使用人の男を疑った。金に困っている小賢しい少年だった。
 少年は「ちがう、ちがう」と否定と懇願を繰り返したが、怒り狂った村長に手斧で頭をかち割られて殺されてしまった。

 次の日、村長は毒を盛られて殺された。
 殺したのは村長が殺した少年の恋人の女中だった。

 次の日、女中は首を絞められて殺された。
 殺したのは村長の一人息子だった。

 次の日、息子は崖から突き落とされて死んだ。
 殺したのは女中の母親だった。

 次の日、女中の母親は猟銃で撃たれて殺された。
 殺したのは息子の母親だった。
          ・
          ・ 
          ・ 
 こうして村人はいなくなった。
 
 最後の一人の村人も、どこかで罪を犯して、殺されているのでしょう。
 そして今も連鎖は続いている…。
 (興ノ憚へ続く)






 ろうそく4ほんきーえた。
 ふっ。
          

 

更新日:2011-02-09 22:51:13

百物語だぉん(´;ω;`)ガクブル!短編集MAX