• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 25 / 244 ページ

真 公開処刑 「裏切り」 10

店に入ると直ぐにBOX席へ通された




『ここはVIPはないのか?』




京介が聞くと、ボーイは御座いますと言いVIPルームへと案内された





雑魚席ではインパクトに欠ける・・・




何事も値が高い方が印象に強いと言うプランであった




VIPルームに女が3人入ってきた




その中に狙いを定めていた「のりこ」がいた




のりこは直ぐに京介に気づいたようだが、敢えて素知らぬふりをしてきた






栗田の役目は「のりこ」を口説き落とす事であった





初日は何も揺さぶりを掛ける事無く、まずは顔合わせという形で済ませた






その後、栗田の単独プレーでのりこに迫り、鈴木の情報を入手する






京介では警戒される、鈴木は絶対に京介の事に付いてのりこにも語っている・・






故に、栗田の投入が必要であった




栗田本人もやる気を出しており、女を落とすとは任せておけと豪語していた







顔合わせから10日後・・





栗田は連続で「クルーゼ」へ通い「のりこ」を口説き落としたようだった




栗田から情報が入ったとの知らせに落ちあった







『京介・・鈴木は独立して青年実業家気取りらしいで(笑)』






『クックック・・・笑けんなぁ・・』





『住んでるところを聞き出そうとしたんやけど・・ 教えへんかったわ・・どうする?』





『そうか・・他に方法を考えるか・・』






栗田は住家以外の情報を伝えてきた






『なんかな・・鈴木にお前が店に来た事を伝えたらしいんだ、そうしたらこんな風に言ってたらしいで・・・』





『ほう・・なんて?』





『「京介?あぁ・・あの馬鹿ね、まだ生きてたの?過去の人だよアイツは最低最悪のクズだよ」 と言ってたらしいで(笑) お前、最低最悪やって(爆)』





『最低最悪・・・ね・・では、その最低最悪を体験してもらうしかないな・・』







数週間、栗田からの情報を元に鈴木の行きそうな場所を偵察・・



鈴木は大のパチンコ好き・・・情報にあったパチンコ屋を偵察・・・・




鈴木の車が駐車場にあった







「こうも簡単に見つかるとはな・・・」









店内に入ると直ぐに鈴木を発見・・・



しつこく打つタイプなので辞めるまで待つのはかなりの時間がかかると思い時間を空け数回外で鈴木の車をチェック



店内貼りこみで逃がしてしまっては全てのプランが崩れるというもの・・







「暇人が・・閉店まで打つ気やな・・・」








京介は数台持っていた車の中で鈴木に所有を知られていないを車で待機してため




鈴木は京介に気づかずに帰宅






「自宅へご案内ってな・・・ニヤリ」







パチンコ屋から10分位の場所に住家があった



その日はそれで終了




更新日:2010-11-17 14:32:51