• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 1106 ページ

遭遇



俺の名前は神埼 元気《カンザキ ゲンキ》。

ごく普通の高校生。
勉強も並、運動も並、ただちょっと問題児。
その辺に居る凡人の一人だ。

そう。
あの日までは、どこにでもいるただの人間だったはずなんだ・・・


それは、塾の帰りのことだった。



女子高生のはしゃぐ声、酔っぱらったサラリーマンのおやじギャグ・・
トラックのクラクション・・

様々な“音”がありえないほど絡み合う街・・・

何もかもがいつもと何も変わらない。
俺はそんな変わらない日常をこのまま死ぬまで続けていく、そのはずだった。

いつも通り、街外れにある自宅に向かう。
俺の家はいろいろと複雑で、今は高校生なのに独り暮らしだ。

そんな誰もいない家を目指し、暗く狭い路地をただひらすら歩く。



…ドッカァアァァーーーーン!!!



物凄い騒音とともに、俺の視界に映る景色は180度一変した。

目の前の視界が砂煙によって、一気に塞がれてしまう。
道を挟んでいた壁は粉々に崩れ落ち、脇にあった電柱は偏り、倒れる寸前となっている。

・・・戦場

例えるなら、それがピッタリの言葉だった。

何が起こったのかさっぱり分からない。
俺はただただ唖然としていた。

徐々に砂煙が収まり、視野が開けてくる。

その中に大きな黒い影があるのが微かに見える。
その影の正体が明らかになるにつれ、俺の鼓動が高まる。


「ば、化け物・・・」


大きな翼を生やし、なんでも斬れそうなおびただしい爪と全てを噛み砕く牙を持つ、漆黒の悪魔。

俺は・・・夢を見ているのか?
こんな化け物、空想上の生き物としか思えない。

そして、それを目にした瞬間、俺は理解した。

この破壊はこの悪魔によるものだと・・・

更新日:2011-03-30 20:39:31