• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 6 / 259 ページ

ペット

ぼくは住宅事情の関係で  犬も猫も飼えないけれど
犬も猫も好きだ
かわいくて  ついなぜてしまう
なぜられている方はわかるけれど  なぜている方も癒されるのが
とても不思議だった
でも  ある時  彼らの眼を見て  わかったような気がした
犬も猫もいろいろで  曲者もいるけれど
ぼくが注いだ愛情を  自然体で受け入れ
精一杯の気持ちを返してくれる
偽りのない彼らの瞳が  それを教えてくれた

更新日:2008-11-29 01:08:51