• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 5 / 257 ページ

戦争って

テレビで戦争のドラマを観た
月並みな表現だけど  泣けた
軍神と呼ばれた特攻隊の若者たち
彼らは決して神ではなく  生身の人間だった
ぼくは若い頃  戦争  特に特攻隊はナンセンスだと思っていた
自ら死に向かってどうなるものかと
もちろん今も戦争や自殺には大反対だ
ただ  時代という大きなうねりに翻弄された彼らには
他になす術がなかったのではないかと思う
そんな簡単に割り切れるものではなく
ぼくが想像できないくらいの苦しみ  葛藤があったに違いない
そして  愛する人たち  母国を守るため
大空に散っていった  最後に何を思いながら・・・
いま  あらためて思う
戦争は許されない  命の尊さをかみしめよう
心からご冥福を祈ります  戦争の犠牲になった全ての生命に

更新日:2008-11-28 09:03:34