• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 16 / 36 ページ

第七話 秘密

夕飯後、私がお風呂から上がると、久遠から一通のメールが来ていた。
送信時刻を見ると、それは10分ほど前に届いた様だった。

『今日は、本当にありがとう!
 明日もし予定がなければ、ちょっとでいいから家に来れないかな?
 また、色々教えて欲しいんだけど。』

それを見た私は、すぐに返信を返した。

『OKで~す!
 じゃあ、4時くらいに行くね(^^)』

これで、大丈夫よね?
…でも、ちょっと馴れ馴れしかったかな?
明日も、彼に逢えるんだ…。

その瞬間、自分の今思ったことに驚いた。


アシタモ、カレニ アエル…?


彼はただ、この能力のコントロールの方法が知りたくて、私にメールを送ってきただけのに。
私は彼に、一体何を期待しているというんだろう?

明日彼に逢う時は、本当に注意しないといけない。
そうしないと、私の中の何かが壊れてしまう気がする。
…私はそれが、とても怖かった。



次の日の朝、学校に着くと、案の定ルナと雪菜が待ち構えていた。
私は彼女達の本音を聞くのが怖くて、また心に鍵を掛けた。

「ちょっと、ゆららっ!昨日のあれは、どういう事な訳っ!?」
雪菜が、物凄い勢いで私に詰め寄る。

「…実は彼に昨日、告白されちゃったんだよね。」
久遠との打ち合わせ通り、私は彼女達に対して嘘を吐いた。

「告白って…。あんた、彼と知り合いだったのっ!?」
今度はルナが驚いた様に、私に聞いた。

「…ううん。彼、私に一目惚れしちゃったんだって。」

その言葉を聞いた二人は、大きく目を見開き、唖然とした表情でこちらを凝視している。

…ああもう、ホントなんでこんな嘘を吐かなきゃいけないんだろう?
そんな顔しなくても、わかってるわよっ!
どうぜ、有り得ないって思ってるんでしょうっ!?
その通り、そんな事有り得ないし、こんなの嘘に決まってるじゃないのっ!

しかし、意外にもルナはすぐに落ち着きを取り戻し、言った。
「…で、返事はしたの?」
雪菜も、興味深々といった感じで、私の方を見詰めている。

「うん。彼と…。久遠と、付き合うことになった。」

私がそう答えると、二人は顔を見合わせて、見事に声を揃え、絶叫した。

「ええぇぇぇぇぇぇぇえっ!?」

「…悪い?」
半ば自棄糞で聞くと、雪菜が今度はニヤニヤしながら言った。

「べっつに~!でも奥手のゆららが、OKするとはね~…。」

それに続き、満面の笑みを浮かべてルナも言った。
「でも、彼、超かっこ良かったよね~♪今度、紹介してよねっ!」

多分私の顔は、もう真っ赤だ。

「ま、とにかく、おめでとう!」
二人はそう言うと、私の肩をぽんっと叩いた。

本当は、嘘の恋人なんだけどね…。

私の胸は、またしてもチクリと痛んだけれど、彼女達には気付かれないよう、にっこりと笑って言った。
「ありがとう!今度、紹介するね!」









更新日:2010-07-13 13:20:28