• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 36 / 157 ページ

逃げるが勝ちだろ!?

「結局、あの女医が解離性同一性障害を患っていたのね」

「まあ、ジギルとハイドに目いっぱいホラー要素を加えただけの……
ありきたりのB級映画だったな」

「あら、結構怖かったわよ」

「嘘つけ! オメー、いきなり俺に耳打ちしてたじゃねぇーか。
『彼女、二重人格ね』って……」

そうなのだ。
志保は初めの十分ほどでストーリーが読めてしまった。
新一に至っては映画の予告編を見た時からおおよそ想像がついていた。

映画は深夜の怪奇殺人の真相を探っていたはずの女医が、
実は女医でもなんでもなく、多重の人格を持った入院患者で、
殺人鬼となって病院内の人々を襲っていたというストーリーだった。

本来なら観客が手に汗握り、固唾を飲んでしまう恐怖の連続のはずだったのだが、
話のオチがわかってしまった二人はというと────

新一は何度もあくびを噛みしめ、片や志保も表情を強張らせることもなく、
涼しげな顔で映画を見ていた。

「でも、誰かと映画を見るのは初めてだから楽しかったわ」

志保がフフフッと小さく笑みをこぼす。

志保からすれば、新一がこうやって外に連れ出してくれただけで嬉しかった。

阿笠博士は心配して志保をひとりでは遠出させてはくれなかった。
出かけると言ったら、近所のスーパーや商店街への往復だけ。

その代わりに博士が彼女の買い物にもあちこちつき合ってくれたのだが……。

でも、博士と一緒の時とは気分が全然違う。

博士との買い物は親子みたいだけど、彼とは─────

そう、本当の恋人同士のようだ。
彼の言葉一つで志保はフワフワと雲の上を歩くみたいに浮かれてしまう。

更新日:2016-11-26 13:50:33

Irregular Lover ~ 新志 【コナン二次創作】