• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 39 / 153 ページ

【中学一年生 七月】 夏休み part 1

いよいよ明日からは待ちに待った夏休みだ。

退屈な中一の授業から解放されると思うと何度経験しても夏休みは待ち遠しい。

小学生の頃の夏休みと言えば、博士のビートルで少年探偵団のあいらと、
キャンプや海にとあちこち遊びに行っては殺人事件に巻き込まれていたが……、
中学生になった今年は少年探偵団の子供たちも、
小学生の時と同じようには遊んでばかりもいられないようだ。

俺の入っているサッカー部は帝丹中の運動部の中でも練習量が多くて有名で、
この夏休みもほぼ毎日のように部活に顔を出さねばならない。
サッカー部のマネージャーをやっている歩美も必然的に俺と同じく部活漬けの毎日だ。

元太はというとあの大きな図体のおかげで入学当初から連日のように、
柔道、野球、サッカー、バレー、バスケといった運動部の上級生から勧誘を受け……
悩んだ末に野球部に入ることになった。
まだ一年生でありながら秋までにはレギュラー捕手として育て上げようと、
野球部監督にしごかれているらしく、やはり元太も部活動に忙しそうにしている。

歩美から聞いた話によれば、元太が野球部に決めた理由は、
一番美味いうな重をご馳走してくれたからだとか……
元太らしいと言ったら元太らしいが……。

そして、もう一人少年探偵団の仲間、光彦の方は春から進学塾に通い始め、
こちらは本格的に学業に力を入れだしたようだ。
夏休みには勉強合宿まであるらしい。
これまた歩美から聞かされた話にると、光彦は将来は灰原と同じ科学者か医者になりたいそうだ。

光彦は幼い頃から灰原に憧れていて、いまだに彼女を好きらしい。

こんな風に中学生に上がって少年探偵団の子供たちもそれぞれ新しい世界で活動し始めた。

更新日:2015-06-09 13:22:57

コ哀のふたり~中学生編 【名探偵コナン二次創作】 修正作業中