• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 18 / 658 ページ

第二話 開拓地ラスケルク

翌朝ユラトは村長達に挨拶をしてから直ぐに出発し、アートスの港へ来ていた。

空は晴れ渡り雲一つ無く、遠くの方で海鳥が鳴き声をあげながら飛んでいる。

港には多くの船が停泊していた。

大型船から漁で使われる漁船など様々な船があった。

さっき着いたばかりの船等は積荷を下ろしていたり、これから出航しようとしている船は乗客乗員が乗り込んでいる。

また、積荷を色々な場所に運んでいる者などたくさんの人や物で、ごった返していた。

「えーっと。俺の乗る船はーっと……あった!あれか…」

ユラトは暗黒世界の開拓地ラスケルクへ向かうための定期船をすぐに探し出していた。

(これが開拓地に行く船か…結構でかいな。)

船はマスト3本を備え、丸みを帯びた船体で高波でも壊れることの無い頑丈な作りになっており、遠洋航海や大量輸送が可能であるキャラック船と呼ばれる船であった。

また、最近では更に性能の良い船を開発中であるとの噂もあるようだ。

船を眺めていると、船員が乗船の開始を告げる。

ユラトが船に乗り込むと同時に、他の乗客も船内へ続々と船に乗り込む。

また乗船する人々は、冒険者らしき人が大半を占めていた。

ユラトは一通り船内を見回ったあと、到着がいつ頃になるのか聞くために船員を探す。

(この天候だと、どれぐらいで開拓地へ着くのかな?ちょっと聞いてみよう…)

すぐに船員は見つかり、到着時期を聞くとこの海の状況だと6日ほどで着くようだ。

話を聞いてるうちに船が出港しだした。

乗客の家族や友人知人などが不安な面持ちでこちらに向け、手振ったり声を上げたりしている。

それに答えるように手を振り返してたり、何かを叫んでいたりする乗客もいた。

(村のみんな…。エル…先に行ってくるよ。あの黒い霧の世界へ…)

ユラトを乗せた船は暗黒世界の玄関口となる町、「ラスケルク」へと向かうのであった。

更新日:2014-02-27 00:29:55