• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 1 ページ

no title

 ウトアは固唾を飲んで神官の動きを見守っていた。祭壇の聖なる炎を小枝に移し、その火を使い運命のろうそくに灯をともす。ろうそくの炎が安定したのを見て、燭台を持ち上げ、そばに張り渡されたロープにその炎を近づけた。
 このロープが焼き切れると床板が落ち、その上に乗っている宣託のサイコロが階段を転がり落ちる。そして出た目がウトアの罪状を決定するのだ。

「七よ出るな、七よ出るな!」
 ウトアはこころの中で、早口に唱え続けた。

 この星の宗教では、五は神聖な数字だった。故に、正五角形でつくられる正十二面体のサイコロが、神の意志を受け取る重要な道具となった。中でも今転がり落ちようとしている宣託のサイコロは最も重要視されており、最も神聖なものとみなされていた。その大きさは人の頭ほどもあり、純銀に金メッキが施されている。各面には一個から十二個まで、大粒の宝石が嵌めこまれており、天を向いた面にある宝石の数が、神の意志を表すとされていた。

「七出るな、七出るな!」
 ウトアは両手を握りしめ、必死に唱えた。

 ウトアは妻殺しの嫌疑をかけられていた。ウトアの妻は崖から転落したと思われる状態で見つかった。岩に頭をぶつけたらしく、ほぼ即死したと見られた。遺書は見当たらなかったが、自殺とも、事故とも、そして他殺とも思える状態だった。確たる証拠はどこにもなかった。
 ウトアには愛人がおり、財産は妻が握っていた。ウトアのアリバイはその愛人しか証明できなかった。検察が疑ったのも当然と思えた。

 裁判となり、十二人の裁判員の内、七番の者が有罪を主張した。計画殺人、悪質故に極刑と。
この星では満場一致にならない場合、神の宣託を求める。そして、その結果には誰も逆らうことは出来なかった。
 ウトアの場合、宣託のサイコロが七以外の目を出したなら、無罪放免となる。他の番号の裁判員はウトアは無罪と考えているからだ。しかし、七が出たら、ウトアは死刑。そう決まっていた。

 ガコンっと音がし、宣託のサイコロを載せた床が開いた。大きな音を立て、十二段ある階段を正十二面体の金属が転がり落ちてくる。その重さゆえに長く動き続けることはなく、ほどなくして止まった。

 ウトアは離れたところからその様子を見せられている。ウトアから見えるサイコロの側面に、七の面はなかった。

「まさか!」
 ウトアの体から血の気が引いていく。
 神官が歩み寄り、神の御心を確かめる。
「七!」
 神官が叫び、同時に天を向いていた面を転がして皆に確かめさせた。
 確かに、白い宝石が七個、Hの形に並んでいた。

 ウトアはもはや立っていることが出来ず、膝から崩れ落ちた。両脇に控えていた係の男達がすぐにウトアの腕を取り、立ち上がらせる。

「よって、神の定めるところにより、被告を極刑に処する」
 神官が彼を見つめ宣言する。ウトアが何か言おうとする間もなく、神官は踵を返し、宣託のサイコロを抱え上げ、ゆっくりとその場を退場していった。
 
 神の審議は終わった。ウトアもまた係の男達に抱えられながら退場していった。

「どうだ、見えたか?」
 神官が付き人に尋ねた。
「被告の妻と思われる女が崖を落ちていく姿が見えましたが、それだけでした」
「ふむ、まだ修行が足りない様だな」
 神官が厳かに言った。
「師には何がお見えになりましたか?」
 付き人がたずねた。
「二人は崖のそばにいた。妻が足を滑らし、落ちそうになり、彼はそれを助けようと手を伸ばした。しかし、身体が動かず、手を出すのが遅れた。妻は崖に突き出た岩にしがみつく。一瞬、ためらった夫をののしりながら、助けを乞うた。いや、命令したというところか。彼は戸惑いながらも、最終的に助けの手を伸ばそうとしたが、その時、妻は力尽き落ちた」
「そうだったのですか」
「その後、彼は愛人にアリバイの証言を頼んだ。このままでは自分がまずいことになると思ったのだろう」

「それで、断罪の目を出されたのですね」
 付き人が聞いた。
「いいや、それは違う。いくら私がサイコロの置き方と、ロープを焼ききる位置、そして階段に敷いた絨毯の凹凸によって、思った目が出せるとしても、今回の件では私も事の善悪は決められなかった。そこで、どの目が出るか私にもわからないやり方、それを行った」
「えっ、では!」
「七が出たのはまったくの偶然、言ってみれば神の意志だ」

 やはり奇跡はあるのだ。深い感銘を受け、付き人が師に問うた。
「彼はこの結果を受け入れたのでしょうか?」
「サイコロの結果を知った後、彼は深い絶望に駆られたようだが、心の底に安堵もかいま見られた。神のなさることは常に正しい」
 
 事の次第を聞いた付き人は、偉大なる神の大いなる御業に深い祈りを捧げるのだった。

終わり

更新日:2013-06-07 18:02:22