• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 9 / 335 ページ

4章 多摩川(たまがわ)花火大会

「陽(はる)くん、ひさしぶり。元気でやっている?」

清原美樹(きよはらみき)は、自分より15センチくらい背の高い、
松下陽斗(まつしたはると)の、バリカンで刈(か)り上げた
短い髪(かみ)を、めずらしそうに見ながら、
最上級の笑顔をつくって、そういった。
高校のときは、陽斗は、アーチストっぽい、長い髪だった。

「元気だよ。美樹ちゃんも美咲(みさき)ちゃんも、浴衣(ゆかた)が、かわいいじゃん」

陽斗(はると)は、短くした髪を、ちょっと恥(はず)ずかしそうに、手でさわった。

「陽(はる)くん、ありがとう。わたしは、かわいいっていわれると、うれしいわ」

今年、慶応(けいおう)大学を卒業して、弁護士を目指している、
美樹の姉の美咲は、ほほえんだ。

・・・陽(はる)くんの眼(まな)ざし。まつ毛が長くて、涼(すず)しげなのに、
いつも、どこか情熱的で、やっぱり、アーティストか
ミュージシャンっぽいなぁ・・・。美樹は、今もそう思う。

松下陽斗は、美樹と同じ歳(とし)の、今年で19歳。
去年の春まで、ふたりは、同じ、都立の芸術・高等学校の学生だった。

その学校は、高等学校の普通教育をおこないながら、
音楽、美術の専門教育を おこなっていた。

教育目標は、高い理想をもって、文化の創造と発展に貢献できる、
心の豊かな人間の育成をはかる、というものだった。

しかし、今年の2012年、創立から40年であったが、
3月31日の土曜日をもって、その芸術・高校は閉校(へいこう)になった。

芸術・高等学校は、世田谷区の隣(となり)の目黒区にあった。
京王井の頭線(けいおういのがしらせん)を利用すると、
下北沢駅からは、池ノ上駅を通過して、
駒場東大前駅を下車。そこから徒歩で8分という位置だった。

美樹と陽斗(はると)は、音楽科の鍵盤楽器(ピアノ)を学(まな)んだ。
家は、ふたりとも下北沢近くだったから、
学校の帰り道は、よく、ピアノのことや将来の夢など、話しながら歩いた。
ふたり仲よく、下校する姿は、他の生徒たちや
行き交(か)う人たちから見れば、仲のよいカップルに見えたのだろう。

美樹にしてみれば、松下陽斗(まつしたはると)との結(むす)びつきは、
友情なのかもしれないし、恋愛感情なのかもしれない、
その判別が、あいまいで、はっきりしないままの、3年間の高校生活であった。

美樹にとって陽斗は、気の合う、楽しいボーイフレンド(男友だち)には違(ちが)いなかった。

ところが、高校の卒業間際(まぎわ)、陽斗(はると)は、美樹に、美樹の姉の
美咲に好意を持っていることを、打ち明けたのだった。

その突然の陽斗の告白に、大切にしていた何かを、なくしてしまったような、
喪失感(そうしつかん)に、美樹の心は揺(ゆ)れた。

しかし、美樹は、愛のキューピッド(天使)みたいに、
陽斗(はると)に頼(たの)まれたとおりに、姉に陽斗の気持ちを伝えたり、
姉のメールアドレスを、陽斗に教えたりもしたのだった。

姉の美咲は、表向きは困(こま)った顔をして、迷惑(めいわく)そうに
していたのだが、内心は、悪い気はしないようであった。

「美樹ちゃん、心配しないで。美樹ちゃんの大切にしているものを、
壊(こわ)したりしないから。
陽斗(はると)くんの、相談相手になることくらいしか、わたしにはできないんだから」

美樹の気持ちを察して、そんなふうに、美咲はいうのだったが、
嫉妬(しっと)のような気持ちを感じる、美樹だった。

美樹は、美咲や陽斗に対して、無関心で、よそよそしい態度が、しばらく続いた。

早瀬田(わせだ)大学に入学した美樹が、大学公認のバンド・サークルの
MFC(ミュージック・ファン・クラブ)に入って、音楽に熱中したのも、
そのトラウマ(心的外傷)のような、その複雑な心境を、解消するためでもあった。

男女あわせて70人くらいの、バンド・サークルで、川口信也たちと出会った。

現在、松下陽斗(まつしたはると)は、東京・芸術・大学の音楽学部、
ピアノ専攻の2年。
父親は、下北沢駅近くで、ジャズ喫茶を経営している。
ジャズの評論とかも、雑誌に書いている、ジャズの著作家だった。

美樹は早瀬田(わせだ)大学の教育学部の2年。美樹は進路に迷(まよ)っていた。
芸術;高校の生徒たちの中で、自分には特別な才能があるという、
自信が持てないのだった。現在、美樹は、中学校の教師になろうと、
漠然(ばくぜん)と思っている。

更新日:2013-03-31 22:44:39