• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 335 ページ

1章 駅 (その1)≪改訂.2014.4.8.≫

1章 駅 (その1)≪改訂.2014.4.8.≫

 夜をとおして激しく降る雨が、形のあるものをことごとく打ち続けた。

 明けがた、強い風が吹きあれて、黒い闇はひびわれて、
光の世界がたちまちひらけた。
 
 山々の新緑(しんりょく)が、明るくゆれて、
風は野や谷や山の中を吹きわたった。

 山梨県は山に囲(かこ)まれた地形の盆地のせいか、
上空はよく不意の変化をした。

 雨上がりの朝だった。季節は梅雨(つゆ)に入っていた。

 道沿(みちぞ)いの家の庭に咲く紫陽花(あじさい)は、
どこかショパンの幻想即興(そっきょう)曲を想(おも)わせ、
色とりどりに咲いている。

「韮崎(にらさき)は空気が新鮮だよね。空気がうまいよ。
つい、深呼吸したくなる。山とかに、緑が多いせいかね」

 駅へ向かう線路沿いの道をゆっくりと歩きながら、
純(じゅん)は信也(しんや)に、そういった。

「きのうから純ちゃんは同じことをいっているね。
でもやっぱり、東京とは空気が違うよね。
それだけ、ここは田舎(いなか)ってことじゃないの。
人もクルマも全然(ぜんぜん)少ないんだし」

 ふたりは声を出してわらった。

 ふたりは今年の3月に東京の早瀬田(わせだ)大学を卒業した。
信也は平成2年1990年2月23日生まれの22歳、
純は平成元年1989年4月3日生まれの23歳で、
正確には1年近い歳(とし)の差があった。

 小学校の入学の歳(とし)は、4月1日以前と2日以後に
区切られるため、信也はいわゆる早生(はやう)まれで、
小学校の入学から大学までふたりの学年は同じである。

 信也は卒業後、この土地、韮崎市にある実家に帰って
クルマで10分ほどの距離にある会社に就職した。

 ふたりは大学で4人組のロックバンドをやっていた。
ビートルズとかをコピーしていた。オリジナルの歌も作っていた。
まあまあ順調に楽しんいたのだけど、卒業と同時に仲間は
バラバラになって活動はできなくなってしまった。

 新宿行(ゆ)き、特急スーパーあずさ6号の到着時刻の
9時1分までは、まだ30分以上あった。

「おれは、ぼちぼちと、バンドのメンバーを探(さが)すよ。
信(しん)ちゃんも、またバンドやるんだろ」

「まあね、ほかに楽しみも見あたらないし。だけど、気の合う
仲間を見つけるのも大変そうだよね」

 純は、同じ背丈(175センチ)くらいの信也の横顔を
ちらっと見ながら、信也と仲のいい美樹(みき)を思い浮かべる。

 美樹には、どことなく、あの椎名林檎(しいなりんご)に似た
ところがあって、椎名林檎が大好きな信也のほうが
美樹に恋している感じがあった。

 信也と美樹は、電車で約2時間の距離の、東京と山梨という、
やっぱり、せつない遠距離の交際になってしまった。

 美樹も辛(つら)い気持ちを、信也の親友でありバンド仲間の
純に打ち明けてたりしていた。

 信也は、そのつらい気持ちをあまり表(おもて)に出さなかった。

 信也は、東京で就職することも考えたのであったが、
長男なので両親の住む韮崎にもどることに決めたのだった。

 大学でやっていたバンドも、メンバーがばらばらとなって
解散となってしまった。

 信也はヴォーカルやギターをやり、作詞も作曲も
ぼちぼちとやっていた。純はドラムやベースをやっていった。

 純の父親は東京の下北沢で、洋菓子やパンの製造販売や
喫茶店などを経営していた。

 いくつもの銀行との信用も厚(あつ)く、事業家として成功している。

 父親は、森川誠(まこと)という。今年で58歳だった。

 去年の今頃(いまごろ)の6月に、純の5つ年上の兄の良(りょう)が、
ジャズやロックのライブハウスを始めていた。

 純はその経営を手伝っている。

 音楽や芸術の好きな父親の資金的な援助があって、
実現しているライブハウスであった。

≪つづく≫ 

更新日:2017-02-04 14:09:18