• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 236 / 780 ページ

~緑の森~≪トキワの森のポケモンセンタービフォー≫

サトシ達が、今日から、トキワの森のポケモンセンターのリフォームをする事になった。

サトシが、オーキド邸から テレビ電話と、転送マシーンのテストも兼ね、自身の
ポケモン達を送って貰う事にした。

昨日のジョーイさんの、話が、本当かどうかが、気になったのだった。
ポケモンセンターの外見が、外見なだけあって、少し心配になる。
シゲル、ケンジも、勿論不安に感じたので、サトシに同行する事になった。
ピカチュウや、シャワーズ達 ヤルキモノや、ムックル達 ナゾノクサ達も 一緒に
転送マシーンに向かう。

それは、隅の隅に有って、画面は、真っ黒だった・・・・。
汚れだろうか・・・・。
サトシは、取りあえず、雑巾を持って来ていたので、それで、テレビ電話と、転送マシーンを拭く。

「・・・・・うわ~・・・・真っ黒・・・カビと、埃だな・・・これは・・・・」
「・・・・すごく不安なんだけど・・・・僕・・・・」
「これ・・・本当に、動くのかな?」
「まぁ、電源入れてみっか」
サトシが、取りあえず、オーキド博士の自宅の番号を入力して、電源を入れる
それに シゲル ケンジが 一抹の不安を感じた
「おお!! 着いた!!」
「・・・普通の事な 筈なのに・・・・・」
「何だろう・・・・この感動は・・・・」
サトシと シゲル ケンジは 普通の事なのに 不思議な感動をしてた
ピカチュウ達も、思わず感動する。
ピカチュウ達も、少し不安に思っていたのだった。

更新日:2012-02-22 13:21:04

サトシとピカチュウ、ポケモン達に冒険