• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 76 / 488 ページ

10、シリウスという国

 俺はリオンと共に道なき道を行った。

 リオンだけならもっと早く進めたろうが、エドガーに手酷く殴られた体は思うようには動かなかった。
 

 何日も野宿を重ね、やっとの思いでシリウス王国についたときはもうへとへとだった。
 とにかく休みたい。

 砂金とは別にお金も少し持っていたが、当面の生活費として足りるかというと、否である。
 高級そうな宿に泊まったら一週間でなくなる程度のはした金だ。

 そうは言ってもまずは食事を取らねば話にならない。
 
 持っていた食料は最初の数日で食べつくし、飲み物すら2日間も飲んでいない。自分の体がすごく重く感じられる。

「兄様、葉っぱってたべられるんですねえ!」

 腹を満たすために苦い野草を食べる……そんな過酷な日々すら珍しいのかリオンは楽しそうだったが、俺はもう限界だ。

 野草の知識を俺にくれたのは、貧国出身の母上とエドワードだった。あの二人も小さいとはいえ、一国の姫と王子だったのに、数年に一度の大洪水&イナゴによる大飢饉の時はずっと野草を食べていたらしい。

 ……エドワードごめん。
 遠乗りのたび、森の中で嬉々として野草を摘んでいたおまえを「セコイ奴」だなんて思って。

 味はともかくなんとか生き延びられたのは母上とエドワードのおかげだ。そんな事を考えながらフラフラ歩く。


 目に付いた一軒目の安宿で2日分の宿泊予約をし、軽い食事を頼む。ここは食堂を兼ねているタイプで食事もすぐに出来そうだ。
  
 運ばれてきた水をごくごくと飲んだ。

 溜まった雨水や沼の上澄みに火を通して飲んだ水がトコトン不味かったせいか、名水でもなかろうに体に染み渡るようなうまさだ。

 少し落ち着いたところで周りを見渡す。
 まだ昼前だというのにほとんど満席状態だ。
 そのうちいくらかの客はどうやら我が国の民らしい。

 ここはエルシオンの南西にある隣国で、そのせいか国を落ち延びた難民がそれなりに逃げて来ているようだ。

 髪は奴隷にされた民たちを助けに行く前に染め直しているが、王子とばれないように気をつけねばならない。
 それに……。

「どうしたのですか? 兄様。何か困ったことでもおありでしょうか?」

 リオンが心配そうに俺に尋ねる。

「あ、うん。助けた民たちはどこに逃げたのかなぁ、って思って」

 あの民たちが無事落ち延びてほしいいと願う一方、この国にだけは来て欲しくないという勝手な思いが俺の中に湧き上がる。
 エドガーのことは隠し通したが、出来れば顔を合せたくなかった。

「……民たちは、多分他の国に向かったと思います。たくさんの声が僕らとは反対方向に向かったから」

「そうか……」

 返事を返しながらもリオンの言葉に何故かまた引っかかる違和感を感じたが、すぐに思い直した。

 これまで何度もリオンを疑い傷つけてきた。
 酷い言葉も投げつけた。
 でも結局、リオンが俺を裏切ったことなど一度もなかったではないか……。


「ちょっとあんたたち、子供だけなのかい?」

 ぼんやりと考え込んでいたらパンとスープを持ってきた中年の少し太ったおばさんが声をかけてきた。

「ああ、あたしゃこの宿の主人だよ。この宿はね、お金さえ払えば誰でも食べたり泊まったり出来るけど、子供だけっていうのはさすがに珍しくてね。ちょっと気になったんだよ。
 隣の国で大きな戦があったろ。
 坊やたち、もしかしたらそこから来たのかい?」

「え、ええまあ……」

 こんな薄汚れたなりで「違います」と言っても説得力がない。
 それなら難民の子供と思ってもらったほうが良いというものだ。

「戦で家族を失って逃げてきたんです。そうだ、おばさん、俺、働口を捜しているんです。ここの宿で雇ってもらえないでしょうか?
 一生懸命働きます!!」

 思い切って聞いてみると、おばさんは難しい顔をした。

「そうだねぇ、こんな子供を放りだすのは可哀想だから雇ってあげたいんだんだけど、以前嫌なことがあってねぇ。
 孤児だって言うから雇ってあげたのに後で親戚だかなんだかが出てきて『こんな年端のいかない子供を勝手に働かせやがって! 訴えるぞ!!』って凄まれたのさ。
 おかげで結構な額の示談金まで払わなきゃいけなくなって大変だったさ」

「そんな……おばさんは親切で雇ってあげてたのに」

「そんなの通じる相手じゃないよ。うちも客商売だからそういうことがあるとまずいんだよ。
 ましてあんたの方には殴られた痣みたいなのがたくさんある。
 後でうちのせいだって言われてもこまるしねえ。
 ま、お金を払って泊まる分には子供だってかまやしないさ。ゆっくりしておいき」

 おばさんはそれだけ言うと忙しそうに店で働いている他の従業員たちと共に空いた皿を片付けたり、料理を運んだりしだした。

更新日:2013-09-30 16:22:02

滅びの国の王子と魔獣(挿絵あり)