• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 6 / 488 ページ

2.名前のない少年

 それから俺は幾日もモヤモヤしたままだった。
 俺には妹の他にも弟がいる。

 母の兄であるエドワードにもこっそりと聞いてみたがはぐらかすばかりで肝心なことは何も教えてくれない。

 どうして教えてくれないんだろう。
 母上は父上が他の女に産ませた子供に対して同情的だったように見える。
 しかし裏法律に従って生ませただけの子供といえど内心穏やかではないはずだ。

 また、母上は父上に深く愛されている幸せな王妃として皆に憧れの眼差しで見られてきた。
 父上が腹踊りで恥をかくのはどうでもよいが、建国以来初の浮気された王妃として母上が恥をかく事だけは息子として耐えがたい。

 国民や城の皆にバレる前に、俺が必ずその憎むべき不義の子を探し出す。
 そうして密かにどこか人里はなれた場所にでも隠してしまおう。

 大体、大国の王子の一人なのに生まれたときから日陰者として扱われるなんて、それはそれで哀れな話。
 城から出してあげて自由に暮らさせる方がきっとその子にとっても幸せに違いない。

 こうなったら何が何でも突き止めてやる。
 俺は作戦を開始した。



 まずは王家の過去帳を調べた。
 一般の人は閲覧できないがこれにはとても詳しい系譜が記されているはずだ。

 王子の俺なら王族のみが入れる書庫にも簡単に入れる。
 こんなものに興味を持ったことはなかったが探してみると意外と簡単に見つかった。

 ふむふむなるほど。
 こうしてみると一妻制のはずのエルシオン国王は極々たまにだが妾妃を娶っている。

 子供の死亡率は俺が思っていたより遥かに高い。
 エドワードの所程じゃないがほとんどの王が最低一人は子供を亡くしている。

 特に子供特有の病気や出産の事故が多いようだ。
 うちの国には魔道士が一人もいないが、こんなに死亡率が高いのなら一人ぐらい治癒魔法士を置けばいいのに。

 外国では魔導士は忌まれていると聞くが、我が国は始祖王とともに国を造り上げた大魔導士アースラが今も崇拝の対象となっている。

 だから魔道士というだけで忌まれたりはしないはずだし、外国でも治癒魔導士などに限れば普通に王宮にも街にもいるらしい。

 昔は我が国にもアースラを始めとして優秀な魔導士がたくさんいた。
 なのにどうして今は全く居ないのだろう。

 そう思いながらページをめくる。

 父王は10年前、他国の下級貴族の娘を密かに娶ったようだ。
 ちゃんと過去帳に記してある。

 その娘の顔まではわからないが、面食いの父上の目にかない、かつスーパーシスコンのエドワードが『大変美しい』などと言うぐらいだから母上と同等かそれ以上に美しかったことと思われる。

 生まれたのはエドワードが言ったように男児だったようだ。しかし名前は記入されていない。

 『死亡』とだけ書き添えられているのがなんだか寂しい。

更新日:2013-09-30 10:52:25

滅びの国の王子と魔獣(挿絵あり)