• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 38 / 488 ページ

5.外の世界

 我が国は他国と違って城の警備は物々しくはない。
 別にそれ自体は昔からの事でごく普通の見慣れた光景である。

 もちろん国境沿いはそれなりに兵士がいるし、各地方も備えは十分ある。
 王が国外に出るときは相当数の精鋭を引き連れていく。

 しかし王が住まう城中は警備兵が少なく、女官なども少ない。
 ロイヤルエリアでさえ他国に比べればありえないぐらい手薄い。

 それでいて城に間者が入り込んだとか、王族や重臣が暗殺されたという話は全く聞かない。

 よその国では頻繁に聞く話なのに。

 ずっとその事が不思議だったけど、『善の結界』が存在しているなら不思議でもなんでもないことなのだろう。

 結界内にいる者たちは悪意を持ち続ける事ができないのだから。

 しかしこれから我が国は変わっていかねばならない。
 罪の無い子供一人に全てを押し付けて安穏とした暮らしをおくるのはもう終わりだ。

 我が国は大国。結界の力無しでもきちんと出来るぐらいの財力も人力もある。だから結界や怪しげな魔獣の力になどには頼らず人の力だけでやっていくべきなのだ。
 


 俺は深夜に見回りをする兵達のタイムスケジュールを頭に叩き込んで弟と共にそっと部屋を抜け出した。

 もちろん王族の私室を集めた第四フロアに通ずるロイヤルエリアの前にはいつも複数の兵が待機している。

 でも、警備のゆるいウチの城だからそんなのはどうにでもなる。

 例えばエリア内の北端の窓。ここは警備兵から死角となる。
 その窓から黒いロープをつり、下の階のバルコニーへ降りる。

 この暗さならまず外からはわからない。
 そのためにわざわざ月のない夜を選んだのだ。

 バルコニーは王族クラスの貴賓室に続いているが今は特に使用されていない。

 昼間にこっそり鍵を開けておいたそこの窓から中に侵入して城内にいったん戻り、足を忍ばせて荷物搬入用の裏階段を下りる。

 あとワンフロア。

 一番下の階の階段横は厨房になっている。
 この時間ならもちろん無人のはずだ。

 厨房には食料を運び込むための裏口があるし、そこから程ない場所に裏門もある。
 正門と違って夜間は鍵が閉められるだけで警備兵もいない。

 そこから逃げられる。

 厨房の鍵はすでに複製品を作った。
 気を鎮めながらポケットに入れておいた鍵を確かめる。

 あれ……?
 
 俺は厨房の窓を見て驚いた。

更新日:2012-08-10 17:45:56

滅びの国の王子と魔獣(挿絵あり)