• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 75 / 115 ページ

第5章

 目を開けると、あたりはまだ暗かった。はっとして起き上がる。

   ――夢……?

 周りを見回す。
 心臓が暴れ始める。

   ――どこから?

 記憶を確かめたいのに、鼓動がうるさくて何も考えられない。


――とにかく、顔を洗って、落ち着こう。

 ドレスルームへ行き、洗面台の蛇口を捻って乱暴に顔に水をかけ、口をゆすいだ。
 布で顔を拭いて、大鏡に映る自分に気が付いた。


   ――夢じゃ……なかった。

 彼に会うために昨日選んだドレスを、あたしはまだ着ていたのだ。安堵のあまり、その場にへなへなと座り込むと、震える指に涙がこぼれ落ちた。

   ――彼が、好き。

 その想いだけで、涙が止まらなくなる。
 なんでこんなに弱くなってしまったのだろう。
 あたしは強くなりたいのに。

 その時、コツンと窓ガラスが小さく音を立てた。
 主室に駆け戻り、カーテンと扉を開ける。

「ユーリ!」
 顔も見ずに彼の胸に跳び込んだ。
 彼がギュッと抱きしめてくれる。

「やっぱり。そろそろ泣く頃だと思った」
 いつからここにいたのか、彼の服が冷たい。
「大好き」
 と彼の胸に顔を埋めた。

 彼の指があたしの髪を梳く。
 顔を上げると、すぐに彼の唇が優しく重なった。

 彼は「安心した?」と笑って、
「きみが朝食を済ませたころ迎えに来るよ」
と、あたしから体を離した。

「えっ、もう?」
 慌ててしがみつく。
「やだ!」
 ――――自分で言って苦笑した。これではまるで駄々っ子だ。でも、会えたばかりで、もう帰ってしまうなんて寂し過ぎる。

「きみも来る? 休みの日は僕が朝食当番なんだ」

 あまりにも魅力的な誘いに思わずニンマリ笑う。
「行く! 五分待ってて」


 ドレスルームに駆け込み、ドレスを脱ぎ捨てた。
 クローゼットから丈の長いシャツとキュロットを取り出し、三十秒で着替えてブーツに足を突っ込む。
 ブラシで絡まった髪をほどいてユーリがくれた髪飾りをつけ直し、ドレスルームを出ようとして足を止める。

「忘れるところだった」
 もう一度クローゼットに戻り、ベルトを着けて、剣を差した。
 
 気持ちがシャキッと引き締まる。
 懐かしい重み。これでこそあたしだ。 

更新日:2013-08-20 23:27:38