• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 17 / 115 ページ

第2章

 あたしが城に着いたばかりの時のクレアの様子から、彼女は声の小さい恥ずかしがり屋で、王宮に上がりたての女の子だとばっかり思っていたのだが、女官としての彼女はプロだった。

 女官職は、年の近い貴族や官職の娘などから選ばれるのが普通だが、クレアはどちらでもないらしい。侍女になるだけでも大変なことなのに、その中から実力だけで女官に選ばれるのは並大抵のことではない。

 後からもよく思うことなのだが、彼女はとにかくよく気が付いて、仕事は的確で早い。
 部屋に入るのはクレアだけしか許されていないらしく、侍女や侍従たちに指示を出すときはいつも廊下に出てしまうので、初めは気づかなかったのだが、彼らのクレアを見るまなざしや仕事ぶりからも、クレアがみんなから尊敬され、慕われていることがよくわかった。

「クレアって、ここでずっと働いてるの?」

 朝食の片付けをするクレアを観察しながらふと訊いてみる。

「一年になります」

「たったの一年で女官になっちゃったの? すごい大出世ね」

「以前は孤児院の手伝いをしていたのですが、たまたま運よく大臣さんの目に止めていただいたんです。はじめから女官になるための教育を受けさせてくださいました。本当に幸運でしたわ」

「いやいや、運じゃない、実力と才能だよクレア。あたし、クレアを探し出してくれた大臣に感謝しなくちゃ」
 美人だし、気が利くし、完璧な女性だ。あたしにはもったいないくらい。

「で、アッシュのどこが好きなの?」
 あたしの唐突の質問にクレアは食器を取り落としそうになった。

「サラ様……」
 赤くになって困る彼女はとてもかわいらしく、とても年上には見えない。

「ごめん、聞いちゃだめ? なんか、そういうの新鮮で」

 汗臭い男ばかりに囲まれて育ったせいか、あたしにはそういう話は無縁だった。
 恋する女の子なんて会ったこともなかったから、悪いと思いつつどうしても興味津々になってしまう。

 観念したようにクレアが口を開く。
「優しい……ところですかね……。私、小さいころから引っ込み思案の泣き虫で……」

「へえ、優しいんだ、先頭に立ってちょっかい出すタイプかと思った」

「まさか!自分だって、母親が異教徒だと言う理由で、辛い思いをしていたのに、いつも私を庇(かば)ってくれてました。本当に、強くて優しい人です。ずっと片想いですけど」

 赤い顔で幸せそうに話す彼女がかわいらしくて、それからちょっとうらやましかった。

「サラ様こそ、恋の都でお育ちになったんですもの。良い方が、いらっしゃったんじゃありません?」

「恋の都?」

「ログノールで結婚の御相手を見つけていらっしゃる方が多いので、そう呼ばれるんですよ。国王陛下と王妃様もそうですし、亡くなった陛下の弟君もそうでしたし」

「えーっ?知らなかった。そうなんだ。うーん、あたしの周りにはそんな雰囲気まったくなかったわ。朝から晩まで馬と剣術ばっかりで。ときどき学問とね」

「『剣術』ですか?」
 クレアの顔が青くなる。

「だって、男ばっかりだったんだもん。兄二人とログノールの王子様。やることと言えば、木登りとか曲乗りとか決闘ごっこばっかりよ。あたしは特に剣術が好きだったの。ウィルを参謀にして、兄たちをどうにかして負かそうと、命を懸けてたわ。あ、そういえばウィルにはプロポーズされたことがあったっけ」

 クレアが嬉しそうに身を乗り出す。
「王子様にですか?!」

「うん、その時ウィルはまだ十歳にもなってなかったから、ロマンスの数には入らないけどね」

「九歳でプロポーズ……かわいらしいですね。きっと子供なりに真剣だったんでしょうね」

「ふふ、ものすごく負けず嫌いでね、八つも年上の兄たちにさえ、剣で負けるのをすごく悔しがるの。あたしとは四つ違いだけど、いつになっても追い付かない年の差も悔しがってた。だから、すごく大人びた口調なの。勉強ではあたしが負けてたな、並外れて頭のいい子だったから」

「是非、お会いしてみたいですね。そのかわいらしい王子様に」

「きっとそのうち遊びに来るよ。家族ぐるみの付き合いだし。・・・・・・おっと、もうそろそろ行かないと」

 置時計に目をやる。

 港まで、クリスとアンディの見送りに行く時間だ。

更新日:2013-08-19 10:40:42