• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 14 / 1073 ページ

夢に出そう

「こう言っちゃいけないけど・・・夢に出そうだね」
突然、チャンネルを変えたテレビでは、なにかのドキュメンタリ
なのだろう。手術シーンが写っていた。内臓のピンク色とか、
肉肉しい部分が沢山写っていたのだ。
「ええ、本当に」
「きみでも?」
「ユウさんでもですか?」
まあねえ、と僕は頷いた。ホラー映画もスプラッタも、つまり
「怖いものは古今東西大好き」という僕だし、作り物や静止画で
見ている分には平気なんだけど、こういうのはやっぱりちょっと
生々しすぎて苦手だ。
「きみが苦手だなんて思っても見なかったよ」
僕は目を丸くしてチャンネルを変えるためにリモコンを手に
取った。二人とも苦手だったら見続けていることないだろ。
「あ、ユウさん、そのままで。少しよろしいですか」
「え?いいの?」
「ええ。あまりに手際の悪い医師のため、目が離せなくなって
しまいました。夢に出てきそうだ」

そういう夢に出そう、ね。

更新日:2009-01-10 22:09:40